無形文化遺産としての和食の魅力とは

私たちが普段たべている和食がユネスコの無形文化遺産に登録されることになりました。
その理由としては、新鮮な材料を活かした味を堪能できることと、栄養バランスの良さにあります。
栄養バランスの良さは健康増進につながっていきます。
多くの外国人が健康増進のために日本の味を求めるようになってきています。
更には、見栄えというものがあります。
目で楽しむのも日本的なたべ方となっています。
もちろん味も格別なものであることは言うまでもありません。
また、日本の四季や風土との融合も和食の魅力となっています。
普段たべているものを時々振り返ってみるのもいいものです。
それによって、自分が普段食べているものの魅力に気が付くことができるかもしれません。
外国風のたべものばかり目が行くことも多いのですが、世界が着目している日本の風土に溶け込み十分な融合をはたしている、日本の味をこれまで以上に深く楽しむことを考えてみてもいいでしょうね。